エジプト編④ オールドカイロ & ハーン・ハリーリ 逗子 たねぱん+おかし教室
前日に博物館とピラミッドというカイロ2大観光地に行ってしまったので、この日はカイロの街歩き。
最初はカイロ発祥の地であるオールドカイロエリアに。

ここは昔イエス・キリストが赤ちゃんの時に、エルサレムから逃れてきた地。
新たな王の誕生だと騒がれたために王様が国の赤ちゃんを惨殺するという迫害から逃れて来た地に建てられた教会だそうです。

キリスト教徒にとって巡礼の地なんだそうですが、歴史的な教会の割にちょっと派手。
史実上の人物なんだなぁと実感。
その後、奥にあるエジプト最古のイスラム寺院ガーマ・アムルに向かいました。

中には10歳くらいの小学生男子が数人。

上手なカンフーを披露してくれたので、タクトも空手を披露したら何故か対戦する事に。
日本VSエジプト、ちょっとした国際試合(笑)。

見事!彼の蹴りがタクトのお腹にヒットし、痛いやら悔しいやらでタクトが涙してしまうと、
彼はゴメンね!と謝りながら駅までずっと付いてきてくれました。

駅に着くと、別の小中学生の子ども達がワラワラやって来て、写真を撮ってくれ、と頼まれたので何故か皆んなで撮影大会。

実はこのエジプト旅行中、至る所で写真を撮ってくれ、とエジプト人にずっと頼まれて
人気者だった息子と私。娘と母はイマイチの人気。
一体何故⁇ エジプト人は子供好きだから⁉︎
でも、エジプトの子供まで撮らせてくれ、と若くもない私のところにやって来る。
顔の濃いエジプト人から見ると、うっすいザ・アジア人的な顔立ちだから⁉︎
もしやエジプトでは今、アジアンブーム⁉︎
こっちに住んでれば日本人モテ期来ちゃう⁉︎ワクワク。
子供からおじちゃんまで大勢の人から写真を頼まれました。
撮影後Facebookなどにアップしているのかな…アジア人と撮ったぜ~的な投稿?
駅では、私は女子中学生に囲まれ、皆んなが口をとんがらせてポーズするので、
30代半ばのおばちゃんも折角なので女子中学生と一緒にやって来ました(爆)。
うーん、さっぱり理由は分かりませんでしたが、一般エジプト人は本当にフレンドリー!

電車の女性車両の中はこんな感じ。

しかしハーン・ハリーリのバザールに到着早々、ここを一望できるオススメの場所に連れて行ってあげるよ!
と言う親切そうなエジプト人さっそうと登場。
横にいる売店のおじちゃんにもこいつは本当にいい奴だから!とオススメされます。
それなら♪と付いて行くと、痛い目合う事を流石に学んだので、
自分達でのんびり廻りたいから良いです。と言うと、
日本人は皆んなそう言うんだよな!チッ!と毒づかれて去って行きました…はぁ。

わかりにくいですが、生きている鳩、売ってます。

モスクでは肌を見せるは厳禁。って、どこも露出していないんだけどこれ履いて、と渡されました。
帽子かぶっていればオーケーだそう。

スークのお店を幾つか見たり、お茶したり、モスクを見学したり。

コーヒーの粉ガッツリ残る、トルコ式コーヒーと同じエジプト式コーヒー。

美味しい生ジュースやさん!

床がピカピカなきれいなモスク。

暗くなった頃、広場で日記を書いていた娘が筆箱が無くなったと言いに来ました。
椅子やその周りを必死になって探しても無い…
そうしたら、いかにも怪しい浮浪者ちっくなおじさんが筆箱を届けてくれました。
(取ったけど)鉛筆しか入ってないから返してくれたのか、
(取ったけど)見つけてあげたんだからお金よこせと言いに来たのか…の2択しか思い浮かばない…。
ありがとう、とだけ言い、さっとその場を離れました。ふぅ、この頃もう完全に人間不信(※話しかけてくるエジプト人のみ)。

帰りはかなり離れていましたが、途中にいる警察官に道を確認しながらのんびり大通り沿いに沿って歩いて帰る事にしました。
この道中、息子は何回写真を頼まれた事か。

後ろを振り返るとついて来てない…。そんな時は必ずエジプト人おじちゃん達と撮影中。
あっ、チューされてる。(笑)

最後にエジプトのファーストフード、コシャリというパスタのような物を食べました。

テーブルに置いてある黄色のにはレモン汁、赤いのは1滴だけでも激辛のオイルが入っています。
このオイル、ちょっと舐めただけでも水何杯も必要なのに、周りのエジプト人半端ない量をドボドボかけてるっ…!(◎_◎;)
信じられない…と言う目で見ていたら、さらにドボドボかけて美味しいわよ♪って教えてくれる。
じゃあ、とタクトが舐めるも悶絶し、大笑いされる…。

優しい人も沢山のエジプト。と、同時に騙してやろう…と虎視眈々の人も沢山のエジプト。
流石、世界三大ウザ◯国と異名を持つ国…(他はモロッコとインドだそうです…。明日からのモロッコがんばろ…。)

日本のサービス0円の生温い環境にどっぷり浸かり、
英語も出来ない地図も読めない戦力外小学生2人と初老連れ
&;約15年ぶりのバックパック旅行復帰の旅にはちと厳しい選択だったかも~⁉︎(笑)

優しい人の温かさに感動したかと思うと、怪しい人に落とされる。
どちらも沢山いて、どちらもフレンドリーなので、一見だけでは分からない。
ちょっとばかり人間不信に陥る、かなり旅の上級者向けの国でした♪
(もちろんエジプト5千年の歴史も素晴らしかったけれども!笑)

【ヨルダン編①に続く】
すぺいん留学 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示