詩人 ルナ① 逗子 たねぱん+おかし教室

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

詩人 ルナ①

2015/11/26 Thu 18:16

なぜ子供たちが詩を書き始めたかというと、
ルナが低学年のとき、小学校の授業で詩をきいて
面白そうだから、と書き始めたのがきっかけです。
なので、今日はついに!?
我が家の詩の巨匠(と、私が勝手に思っているw)ルナ、10歳秋の作品です。
※ちなみに私とパパには詩を書く習慣は全くありません。あ、知ってるって?
fc2blog_201511251747033be.jpg

fc2blog_20151125174601538.jpg
スペインに来てから、週末は近所の川に散策へ行っていました。
秋真っ盛り。
毎週行く毎に、散っていく葉っぱたち。
そこから生まれた詩のようです。。。
fc2blog_20151125174625418.jpg

11月7日

『秋』

秋になって ぼくの小さな子ども達が
いよいよ 一人立ちをしていく
風にふかれ じゅんばんに一人立ち
ああ また けんかがはじまった
「次は ぼくのばんだよ」
「ちがうよ、 ぼくのばんだよ」
だから ぼくは言ったんだ
「パパがさみしくなるから まだ行かないでくれよ」
ってね
ぼくは しっていたんだ
子ども達が みんな旅立つと
ぼくは とてもさみしくなる
生えたばかりの 緑のころは 
さみしさなんて これっぽっちもなかった
黄色や赤に 色づいて行けば行くほど
さみしさは 大きくなっていく
ああ 行かないで
ぼくのかわいい子ども達
fc2blog_201511251746443d4.jpg
すぺいん留学 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。