ル・コルドン・ブルー パン基礎コース 17回目 逗子 たねぱん+おかし教室

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
だいぶ遡りますが、17回目のレッスンです♪
f_20130313120902.jpg
☆ピサラディエール
南仏コートダジュールのスペシャリテ。
アンチョビ、オリーブ、玉ねぎと地中海の産物たっぷり。
土台はパンというより、発酵させたサブレ生地。
生地の作り方もフランス菓子と通じるものがありますね。
それほど難しくないし、パーティのお持たせなんかにピッタリかと。
お酒もすすんじゃいそうな美味しさです。(●^o^●)
g_20130313120903.jpg
☆ブリオッシュ・ヴァンディエンヌ
バンデ県のスペシャリテ。
大型の三つ編みパンで、ブリオッシュ生地に
ラム酒・バニラエッセンス・オレンジの花のエッセンスが入った香り高いパンです。
一本一本バゲット成形する時に張りを持たせると、焼成後真ん中が避ける勢いのあるパンになります。
後三つ編みにするときゆるく編むのもボリュームを出すコツ。
これ一つで粉が400g以上入っているのでかなり大きい。
ずんぐりむっくりした姿が正しい姿だそうです☆
(人間もそうだったらいいのに…)
h_20130313120904.jpg
☆クロワッサン&パン・オ・ショコラ
何回目の折り込み生地でしょうか…
テスト前は最後の折り込みですねっ。
いつも層がちゃんと出ずに、パンぽい仕上がりになってしまうのは生地を1週間冷凍しているから、だそう。
平日コースなら前日に生地作りをするのでこうはならないんだろうなぁ。
試験の時は同じ大きさに全て揃えられるようにしないと!です!
i_20130313120905.jpg
その他シェフの試作品の数々(のおやつ)。おそらくサブリナレッスンの試作かと。
上はりんごとブリオッシュ生地のヴィエノワズリー。
二つとも生地は同じですが、成形が違います。
こんなに食感が違うんだーと驚き。
下は何のバゲットだったかな…
アオサか酒粕入りか、そば粉入りか…
ちょっと前なので忘れてしまいました。(^_^;)
この他にパン・ド・カンパーニュもみんな作ったのですが、
次回それをパン・シュープリーズにするのでそれまで(2週間も…)冷凍!
j_20130313120906.jpg
これが17回目のお持ち帰り&試食時の様子。
ブリオッシュ・ヴァンディエンヌの大きいこと!
美味しいブルーチーズもいただき、お腹いっぱいの17回目でした♪
コルドン・ブルー | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。