ル・コルドン・ブルー 1回目 逗子 たねぱん+おかし教室

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
10月7日(日)に、ル・コルドン・ブルーの1回目のレッスンがありました!
(あぁ、もう2回目も終了して3回目も明々後日にせまっているのでup頑張ります!(^_^;))

初回は基礎の基礎。
パン作りの道具や器具の保管場所や説明。
パン作り用語の説明。
(シェフがフランス人なので、良く出てくるパン作りの用語の和訳など。)
そして、油脂の入らないプチ・パンを手ごねで作りました!
page_20121018064033.jpg
粉と水を混ぜる、捏ねる、分割する、丸める、など、基礎の基礎の行程を一つ一つ丁寧に説明。
そして、成型は4種類。
手前から時計回りで
*オーベルニャ(キノコ型)
*トレス(編みパン)
*タバティエール(煙草入れ)
*ファンデュ(くぼみをつけた、羊飼いのパン)

初回で皆作業が遅かったため、イーストが小麦粉内の糖分を食べてしまって
焼き色があまりついていません…
ただ、オーベルにゃとタバティエールの縁がキレイに剥がれ、
焼き色がきれいについているのにはある秘策が!(^v^)

パン作りのほかに、1900年代のフランスのブーランジェリーの流れや
(どういったパンが作られていたか、時代背景を踏まえて。)、
フランスの地方の特産物や気候から、それぞれ作られるパンの種類などお勉強しました♪
そして来週作る、クロワッサンの生地の仕込み。
(基礎コースの2回目からクロワッサン…早いっ(^_^;))

今期始まった日曜クラスのクラスメートは10名(うち男性3名)。
(平日コースは4名だそうです。シェフからみっちり見られそう。w)
楽しいクラスになるといいな♪
半年間いっぱい勉強したいと思いますっ!!
(そして、upも頑張りますっ!)
コルドン・ブルー | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。