二人目の入園ってこんなもの・・・? 逗子 たねぱん+おかし教室

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
先日、5月の教室案内メールを送らせていただきました!
お申込みいただいた皆様、本当にありがとうございます(*^_^*)
もうブログにも日程を載せようと思いますが、
その前に息子の幼稚園入園の記事を書かせてくださいな。(忘れないうちに…(^_^;))


で、その前に2年前に上の子が入園した時のmixi日記を読み返してみました。

こんな感じで書いてました。↓
w.jpg
「えっ、入園式俺も行くの?」
と信じられない言葉を発したパパを連れ、3人で入園式に。

翌朝、バスが来て、娘は一人で幼稚園に。
バスが来たらこっちには見向きもせず、先生に挨拶してさっさとバスに乗り込んだ。
でも、バスが動き出したら、私が見えなくなるまで私にずっとバイバイしてくれた。



なんだか切なくなっちゃいました…

家に帰ったら、うちってこんなに広かったっけ…と感じてしまったよ。(注:実際は広くない)


今までママとずっと一緒にいたのに、
これからママの知らない世界をひとりで作っていくんだね。

幼稚園で思いっきり遊んで、泣いて、友達作って、喧嘩して、仲直りして、挑戦して、失敗して、
成長していってね。
ママはいつでもおうちで帰って来るのを待っているからね。


…と、なんだか感慨深い思いをしたんだっけ…

で、下が息子の入園日記。
cl.jpg
(上:どどすこを披露してくれました(^_^;))

「え、入園式どうしても行かなきゃダメ?」
と、2年前に学ばなかったのか(私に怒られた)同じ言葉を発したパパ。
今年は年長さんの娘が入園式で歌など披露してくれました。

翌日、バスで幼稚園へ。

「ママも幼稚園行ってもいい?」
と入園前に聞くと
「いいよ!ママ、おむつとれてるからね!」
と、答えてくれる。(自分は取れてないのに…(^_^;)

幼稚園にお友達と行くことをすごく楽しみにしていた。
幼稚園バスにすごく憧れていた息子。
とっても嬉しそうにバスに乗り込むんだろうな~とバス停ママ誰もが思っていた。

ところが泣き出す息子!!!

「大丈夫だから!」
と、お姉ちゃんに励まされ、先生に強制連行され、バスはあっという間に去って行く。

私もバス停ママーズもまさかの展開に大笑い。(息子よ、失敬!)

家に帰ったら切なくなるのかな~と思っていたけれど、
家事がものすごくはかどることに感動してしまう私。
いつもなんだかんだ邪魔するのがいないから。(また失敬!)

なんて上の子の時と違うんだろう…

帰り、バスから降りた息子は
「ママと、お花畑になりたくなかったの…」
と、話してくれました。

何のことか最初分からなかったけど、
どうやら“離ればなれ”になりたくなかったと言いたかったそうで…(*^_^*)

幼稚園でお姉ちゃんと“お花畑”になる時も泣いてしまったそうです。(笑)

誰もが心配していなかった息子の幼稚園生活。
まさかの展開で幕を開けました(笑)

何はともあれ、入園おめでとう!
一日も早くお姉ちゃんと一緒に楽しい園生活が送れますように!
こども | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
No title
関係ないけど、だんなさん可愛すぎ・・・・・
☆KENくん(M君?)
え?そこ?

妻には、なんで学ばないのか理解できへんわ~(笑)
No title
入園おめでとうございます。
「ハナバタケ」「ハナレバナレ」・・
たしかに似ているきがするネ笑
パパさん ママを怒らせないでネ笑
おめでと♪
入園、おめでとうゴザイマスv-252
いやぁ、私の予想はね(聞いてないって?)
息子くん泣く。そしてすぐ泣かないようになる

さくら舞散る小春日和の中、園の門の前で「きおつけ」してる写真を期待してましたが、何故「どどすこ」?
今度ゆっくり見せてね

だんなさん。。。またやっちまいましたねぇv-37
☆たねさん
ありがとうございます!もっと言ってやってください(笑)

男の子だからか?
言葉がまだまだ、たどたどしく、ずっと小さいままの気でいたのですが、
もう入園なんて私もびっくりです。
でもずっとたどたどしいこの年齢のままでいてほしいような、いてほしくないような…
複雑な気持ちです(^v^)
☆のりちゃん
ありがとうー!
彼には私にどうして怒られるのか学習する機能が欠如しているような気が…(笑)
何を言っても右から左でまいっちんぐ~。

「どどすこ」の決め台詞は、たっくんにかかると

「ラブニューニュー(牛乳)♡」

だからね(^o^)今度聞いてやって!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。