地震 逗子 たねぱん+おかし教室

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

地震

2011/03/14 Mon 06:03

地震発生時はちょうど子供のお迎え時で、バス停にみんなで集まっていた時でした。
夜中までずっと停電が続いていたため、情報が入らずその夜は子供たちと早めの就寝としました。

我が家は、クックトップはIHのため停電時、ご飯は石油ストーブの上で温め、そして暖をとりました。
電力を使わないこのストーブにしていてよかった!とこんなところで実感。
TOYOTOMI 石油ストーブ 対流型 【安心・安全の日本製 適応畳数:コンクリート24畳/木造17畳】 KS-67D(W) ホワイトTOYOTOMI 石油ストーブ 対流型 【安心・安全の日本製 適応畳数:コンクリート24畳/木造17畳】 KS-67D(W) ホワイト
(2009/09/01)
TOYOTOMI

商品詳細を見る

被災地でも同じ型のストーブが多々使われているようです。

あと、トイレ!
2階のトイレは自動で流れるトイレで停電時全く使えなくなりました。
けれど、1階のトイレは少し安い型にしたため手動で流せます。これがとっても役に立った!
便利になるための電気製品の進化ですが、災害時は不便になってしまうなんて…
これからリフォームや家づくりされる方はそのことも踏まえて、家電やトイレ選びをするといいですね!

被災地の様子を見ると本当に心が痛みます。
母の生まれ故郷、福島県いわき市に母のいとこや友人たちが多いのですが、連絡もつかないそうで・・・
一日でも早く無事が確認でき、被災地が復興できるように私もできることから協力したいと思います。

おうちづくり | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。