土地探し 2週目 逗子 たねぱん+おかし教室

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

土地探し 2週目

2010/02/09 Tue 06:44

2月7日日曜は土地探しの日でした。
その早朝6時~9時にパン屋で仕事。急いで戻って、
10時には工務店の設計士さんと不動産担当の方がうちに来てくれてプランを見せてもらった。

家で教室やるならダイニングキッチンと家族が集うリビングは分けた方がいいかな、と思って、そんなプランに書き直してもらったんだけど、パパはイマイチな反応。
というか、そもそもその土地に乗り気じゃないので、その相談会みたいになってた。
パパの不安材料、通勤とか、家の前の交通量とか、諸々…

でも、ここであーだこーだ相談してもしょうがないので、今日の午後不動産屋と他の土地見た後、今日夕方にもう一回逗子に行きますね!と言って、その場はお開きに。
ここで娘が大号泣。
話が終わったら設計士さんと遊べると思っていたのか、

「まだ、遊んでな~~~~い!!!」
今まで人が帰るのにそんなに泣いているのを見たことがなかったからちょっとびっくり。

午後1時に不動産屋と待ち合わせ。その周辺4件の土地を巡る。
でも、教室を開きたいから駅近が良い、と言っていたのに駅から徒歩10~15分の物件しかない。
徒歩10分って本来なら近い方だけど、今の私には遠く感じてしまう…
環境はのどかでよさそうだけど、私にはピンとくるものがなかった。

で、逗子の土地をネットで見てたパパは、逗子の設計士さん&不動産担当者に頼めば良いものを、その不動産屋に逗子の土地も何軒か紹介してもらうよう午前中に頼んでいた。
逗子に全く土地勘の無い業者に頼むってどうなの…と私は思ったけど、仕事上の付き合いもあるらしいので、できればその不動産屋を通して買いたいのだそうだ。

2台より1台で行ったほうが効率いいですかね?
と、パパが提案したため、なぜか不動産屋が近くのパーキングに停め、不動産屋の社長と社員計2名が我が家の車に乗り込む。
それってどうなの?
私達は工務店にも寄るし、また車をここまで取りに来るの大変じゃないですか?
帰りの事考えたら別のほうがいいんじゃないですか?
と言ったら、車は何とかなりますよ!横浜あたりで下ろしてくれれば、と言う。
それってどうなの??

結局一緒に逗子まで行って不動産屋がネットで条件入れて検索した3~4件の土地を見たの。

びっくり!!!逗子の裏手って道路狭いのね~~~
車を買ったばかりで、駐車もろくにできない私には絶対無理な土地ばっかりだった…
車の修理代のほうが高くつきそう

もう一回先週見た駅前の土地をチェックしたんだけど、1点気になることが判明。
その時点で午後3時過ぎだったんだけど、隣の家を見たら1階部分の日当たりが早くに陰になるのかも…ということ。
これは午前中にも一度来て確認しなければ。

私達は工務店に行きますが…と不動産屋に言ったら、じゃあ、私達もご挨拶に、と言う話になる。

…えっ?

その場はありえないくらい重い空気に。
だって不動産屋は「中村さんとは裁判もやっていたので土地はうちから買って欲しい」みたいなことを言ったらしい。(直接は私達は聞いていない)
でも駅前の土地を紹介してくれたのは設計士さんたちですよ?
それを不動産屋が仲介したいってことは仲介手数料が欲しいってこと??
紹介してないのに???
「そういえば、京急沿線っていうのはどうですか?」
と、別の土地紹介の話までその場でしだした。
そしたら設計士さんに
「私どもでも土地の紹介業をやっているのでそういう話は別でしてください」
と窘められる。

不動産屋さん、何しに来たんだYO~~~~空気読んでくれYO~~~~
KYにもほどがあるYO~~~~~~

さすがに不動産屋がその場にいたら話が全く進まないので逗子駅から帰ってもらうことに。
パパが車に入っていた荷物を取りに行ったら、

「そういえば、他にも是非見ていただきたい物件があるんです!」
と,言った~そうな~(日本昔話風に)

あ~り~え~な~~~い
じゃあ、今日見せてくれればよかったんちゃうん( ̄□ ̄;)
「ほんと、すみません…」と、設計士さんたちに謝る私。もう、なんかその場にいるのがいたたまれなくて…

「いえ、中村さんが一番気に入った土地で家を建てれればそれでいいんですから。
私達もそうですが業者の事は気にしないほうが良いですよ!」と慰め(?)られる。

不動産屋が帰ってからは、また午前中の続きみたいな話になる。

「家を買うって不安でしょうがなくなりますが、逗子は住むのにはすごくいいところです!
安心して飛び込んでください!私達がしっかり、がっちり受け止めますから!」

というような感じでパパを追い詰めて…いや、力説してもらう。

私はさっき見たとき気になった、日当たりの件と、午前中の様子、小中学校までの道のりと町の様子を確認したいので、今週平日にもう一度来てみます、と伝える。

そしてようやく帰路に着く。
長い一日だった…


翌日8日月曜の夕方、設計士さんが
打ち合わせでこっちの方面に来るので、逗子の情報と地図渡しに寄りますね~と言ってくれる。
いい人だ…
その話を幼稚園の迎えに行ったとき娘にしたら、速攻帰る支度をし(いつもは本当に遅いのに)、先生に

「大好きな人なの、」

と言うではないですか。
どうやら4歳にして初恋に落ちたようです。
パパやママより好きなんだそうな。
(ちなみに不動産屋さんは?と聞いたら「好きじゃない…」と言ってました。
人に対してそんなこと言うのも初めて聞いたわ)
2010年2月 062
2010年2月 063
パパの通勤の電車の時刻表や逗子のパン屋さん情報まで調べてくれてるの。
細やかな配慮です


おまけ話で娘の初恋話を私の母にしたら
「その人結婚してるの!?」
とすごい勢いで聞いてくる。
「え?それ関係あるの?」(まさか4歳の娘の結婚相手として考えるんかい?)
と言ったら、
「あなたの妹に紹介してもらいたいと思って」
  


…あ、そっちね。

でも残念ながら紹介は出来ませんでした。(笑)
おうちづくり | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
いや~……
娘ちゃんはきっと、パパママが相手と話してるときの表情で好き嫌いを判断してるのね(笑)

不動産屋って、ある程度強引じゃなきゃ商売にならない、とは思うんだけど、H・H(だよね?)はほんと空気読めないよね~。
わたしも先々、もし引越しするかも!?なんて話になっても、正直お世話になりたくないかも(苦笑

でも、きちんとプラン作って、こちらの要望にも応えてくれて、「早く契約を!」って人たちが多い中でなかなかいい不動産担当者だよね。

早く良い土地に巡り合えますようにv
(あ、お誕生日おめでとう~!)
Re: いや~……
娘がこれでもかってくらい懐いてるのは設計士さんだけで他の人は普通なのよね。
土地を巡ってるときもずっと抱っこしてもらってるくらい…
そんなに好きなの?って聞くと、照れながらうなずくのがまた思春期の女の子の様でかわいい(笑)

今年の誕生日は悶々としながら過ごしちゃったよ…
明後日は愚痴ってもそうね~と右から左に受け流してね~~~
なんてハイペース!
お疲れ様でした★
や~っとPC買ってもらえたのでコメントできますv-355
工務店の方の仕事の早さときめ細やかさは見習わなくては!!て感じだけど不動産屋さんはちょっと信じられないな~v-404私だったら切れちゃいそうv-403
気に入る土地が早く見つかると良いね★

しかし四歳にして初恋ですか・・・・!!!
たしかに設計士さん男前だったかも・・・
パパさんちょっとショックじゃないかな?v-398
一気に進んできたね
うちもさ、不動産屋には。。。営業の人は良かっただけに「騙された~」って感じでした
明後日は沢山愚痴って
設計士さん、細やかな配慮だね、素敵

うちはとっくに初恋経験済みよ
お友達の2歳になる弟、最近やっと思いが通じたの?!
親戚になろうね!!
Re: なんてハイペース!
おっ、パソコン購入おめでとう!
くぼちん、土地探し第1週目お付き合いありがとうv-238
不動産屋選びって本当に大切だよね。
でも、工務店選びも大切。くぼちんも出会えてよかった~と思われる設計士さんになってね。
色々相談させてね~
Re: タイトルなし
そうなの?不動産屋で痛い目見たの?知らなかった~

あ、あれ初恋だったの。v-10
わが弟をかわいがるようなお姉さんに見えてたけど、そうか~姉さん女房かぁ~
それもいいなぁ。
事あるごとに言って洗脳させようね(笑)
Hちゃんならゆくゆくは2世帯でも良くてよ。是非親付きで!(そうすると3世帯?)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。