イル・プルー本科34回 逗子 たねぱん+おかし教室

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

イル・プルー本科34回

2010/11/30 Tue 01:23

11月の授業、パン第2弾!
パン作りが大好きな私としてはとっても嬉しい月間です♫
2010年11月 222
天使のチョコリング・・・ではありません。(笑)
2010年11月 240
クーロンヌ・プラリネです。
折り込み生地にチョコではなくローストしたヘーゼルナッツと砂糖をペースト状にしたものを塗り、
巻き込んでリング状にして焼いたものです。

しっかりローストしたへーゼルナッツのフィリングが美味しい~~~
かなり焼きこみ、皮まで剥くという作業がとっても大変そうですが・・・(≧д≦)

今焼成時間を見てびっくり。このパン結構長時間焼き込むんですね~!
オーブンはアシスタントさんが担当しているので、生徒は焼きには関わらないのです。
でもそうすると、家で初めて作るときドタバタしちゃうんですよね・・・
焼き上げることも大切な工程のひとつですが、そこは時間短縮のため仕方がないのでしょうね。
1日の授業で何品も作りますから。
2010年11月 221
これはお昼に出たクーロンヌです。
それとサンドウィッチを初めてパティスリーで買って食べました。
これ、土日限定商品なんです。
フィリングは季節によって違いますが。
パンはパサパサ感が全くなく、かと言ってベチョッとしているわけではなく、
しっかりとした芯のあるパンだけれど、サンドウィッチにちょうどいいしっとり感でした。(わかりにくい~(ノ><)ノ)
教室で出るお昼はパンとコーヒー(インスタントコーヒーとお湯)だけなので、
お昼ごはん持参する人(お湯が出るので、カップ春雨率多し。気持ちダイエット?)
パティスリーでおかずやケーキを買う人も多いのです。
(試食でいっぱいケーキ食べるのに!皆どれだけケーキ好きなんだ!って話ですね~(。-∀-))
2010年11月 291
クイニュ・アマン
一時期流行りましたね、クイニーアマンです。
働いていたパン屋でも作っていましたが、かなり違いますね。
バリバリのアメがけが特徴のパンかと思っていましたが、そうではないようです。
ブルトン語でバターのお菓子という意味だそうです。
でも折り込みの生地の中にも外にも砂糖がたっぷりなので、砂糖のパンの方が合っているんじゃ・・・と、クラスメイトと話をしていました。
中に固めのクレームパティスィエールが入っています。
2010年11月 244
最後は久々の!?ケーキ♫
くるみとコーヒーです。
以前はパンの回はパンのみ!の授業だったそうですが、ケーキも作りたい!!!と言う声が多いため授業に入ったそうです。
しかし、名前がシンプル・・・ずばりそのもの!ですね。
弓田先生のケーキの名前は年々シンプルになってますよね!?
名前はシンプルですが、ババロアは2種類あります。
上はババロアズ・オ・キャフェ。コーヒーのババロアです。
下はババロアズ・オ・ノア。クルミのババロアです。
それをコーヒーのビスキュイではさんでいます。
ビスキュイもババロアもいつもの作り方なので、皆スムーズに作業に取り掛かるのですが、
この日は今年入学された1年目方が振り替えでテーブルがご一緒になったのですが、作業の順番や絞りだしなどに戸惑ってらっしゃいました。
私達も去年はこんな感じだったのかな、少しは成長しているのかな・・・

そうは言っても本科は後6回だけ。その後の進路を皆真剣に考え始めている時期です。
私の進路はまだ未定ですが、長く細くでも続けて行きたいな、とは思っています。
次回の授業は私は1月になります。
それまでイベントがたくさんなので、復習もかねてたくさんケーキやパンを作りたいと思います!
イル・プル- | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。