逗子 たねぱん+おかし教室

教室再開のお知らせ

2017/03/03 Fri 03:17

年賀状2  お久しぶりです!
2016年8月末に日本に無事帰国しました。
ブログはこれからどういう形にしようかまだ考え中ですが、
世界一周記はこのブログで書ききろうと思います!
のんびりお待ちください。。。

そして、ついに!!!2017年4月から教室をリニューアルして開講いたします。
今までなかったホームページも何とか完成。
4月のレッスン募集開始いたしました。
是非いらしてくださいね♪
沢山の方とお会いし、楽しい時間を持てるのを楽しみにしております。

逗子 たねぱん+お菓子教室
中村 佐和子
きょうしつ 案内 | コメント(0) | トラックバック(0)

昔、写真で見てずっと行ってみたいと憧れだった氷のホテル‼︎
チェックインを済ませ、係のお兄さんから敷地内と寝方の案内をしてもらいます。
敷地内の地図。真ん中の大きい建物が氷のホテル(建物)で、小さい点はガラスのドーム。
そのほかに受付棟、サウナ、レストランなどがあります。

これは氷の建物内部の地図。緑はスタンダードルームで黄色とピンクはスィートルーム。
黄緑はレストランで、紫はチャペル、水色はバー。
全て氷でできています!

まずは氷のサウナの体験。

え?氷溶けちゃうんじゃ…と言う以前に、そのサウナ寒そう…と思っていましたが‼︎
4人座ればいっぱいのそれは寒い氷の部屋に入り、奥に鎮座しているサウナの装置に水をかけます。一気に水蒸気が立ち込め、あっという間に氷の部屋が暖かいサウナに‼︎
おぉ、ビックリ!でもその暖かさは10分程しか持続しないのだそうです…
上には、照明が綺麗な露天ジャグジーが。満天の星空を見ながらジャグジーも乙ですな。
ただ、二つとも入っている間は暖かいけど、出てきたら−35度の屋外を通って部屋に戻るのきつそう…(笑)
因みにこれらはオプション。別料金で入れますが、もう体験出来たので十分♪

屋外は−35度なんですが、氷のホテルの内部は−2~3度と暖か♪
いや、気温的にはもちろん暖かくは無いのですが、外から中に入るとあったか~い♡ってなっちゃうんです(笑)
氷のホテルは毎年秋から作り始めるのだそう。5週間かけて雪や氷を固め、5週間かけてその建材を使ってホテルを建築するのだそう。もちろん営業は冬のみ‼︎
氷のホテルは思ったより大きくて、チャペルやレストランも入っています。
こんな寒い氷の教会で結婚式を挙げるカップルいるのかな…
熱い新婚さんには寒さは関係無いのかもしれない…うん、きっと…

レストランは大盛況!宿泊はせずオーロラ鑑賞&氷のレストランで食事ツアーに来ている団体客の様でした。

横にはバーも併設。


氷のバーで、グラスも氷!
1日のうち決められた2時間しか営業してい無いので、見学時は貸し切りでした♪
ホテルの方は、こんな風に入らないで、という標識がかかっていない部屋は自由に見学可能なんです。というか、氷のホテルに泊まっている人は少なかったです…夜中も結構部屋が空いていました。氷の部屋に健康上?連泊はオススメされません(笑)

氷のホテルの他に外に寝ながらオーロラ鑑賞が出来るというガラスの天井のガラスイグルーという宿泊施設もあります。連泊したい方はそちらに‼︎

氷の部屋はスィートルームとスタンダードルームの2種類。
緑の部屋のスタンダードはベッドのみで、どこも同じ造りのシンプルな部屋ですが、スィートクラスは全部の部屋の造りが異なっていました!見学するだけで楽しいー‼︎(≧∇≦)

シングルベッドが異様に離れている部屋。

謎の顔の下にベッドがある部屋。(ちょっと怖い。。。)

白熊の部屋。

暖かい暖炉がある部屋。
火、暖炉からはみ出しちゃってるし、あつっ!(火傷注意!)


ホテルの一画のある部屋に木製の簡易ベッドが幾つかあり、そこで寝袋を1人2つもらい、寝方のレクチャーを受けました。
内側の寝袋に入り、コートを脱いで、外側の寝袋と内側の寝袋の間の足元にしまいます。寒かったら、口だけ出して、寝袋を全部閉じてね!
氷のホテルにトイレは無いから、トイレは外の受付棟まで来てね!
氷の部屋で寝れなかったら、ここにきて寝て良いから!(ちなみにここも氷の建物内なので暖かくはないです…)
…うーん、なんとも夜が不安になってくるレクチャーです(笑)

夕飯は3箇所あるレストランから選べます。
氷のレストラン、一般的な大きめのレストラン、暖炉のある小さな山小屋風ロッジレストラン。
氷のレストランと山小屋レストラン、どっちが良い?と母に聞いたら即答で山小屋だったので、夕飯はそちらで。
暖炉の火で1時間程じっくり炙ったサーモン、ベイクドポテト、焼き林檎クリームソース添えがメニューでした♪

3~4組しか入れない小さなレストランですが、他のお客さんと一緒に皆んなでバケットを炙って食べたり、談笑したり、こじんまりとした雰囲気も良い暖かなレストランでした♡

その後21~22時が女性のサウナタイムだったので、フィンランド式のサウナへ!サウナで芯から暖まりました!

が、その後、タオルは凍るのか⁉︎実験をしていたら寒くなっちゃったんだけど(笑)

カチンコチン!まるで魔法のよう!?笑

-35度の世界では濡れたタオルは凍ることが証明されました!
あー、バナナ持ってきて釘打てるか実験してみたかったー!

帰り道、トナカイさん発見♪

受付は22時に閉まるのですが、受付横にある暖炉とトイレのある部屋は一晩中開いています。しばらくそこで寒さ回避&オーロラ待ちをしていたのですが、子供達が寝そうになったので、氷の部屋で寝る事にしました。寝袋2枚に、口だけ出してまるでイモムシ…( ̄▽ ̄)
マイナスの中、寝れるのかな…と言う心配は杞憂に終わり、子供達朝までぐっすりでした!
大人達は、と言うと…

ホテルのサービスにオーロラが出現したら知らせてくれるオーロラアラームというサービスがあったので、お願いしてありました。
でも、部屋に電話なんて無いし、どういう風にアラームが鳴るんだろう…?
と不思議に思いながら寝ていたら、深夜2時にスタッフのお兄さんが普通に部屋に入ってきて、オーロラだよ!と、普通に起こしてくれました。
これがオーロラアラーム‼︎(笑)

急いで寝袋から脱出し外に出ると、満天の星空の向こうに白い雲がぼんやり出ている。
え、どれがオーロラ⁉︎と、戸惑っていたらあの白いのがオーロラだと。
えっ⁉︎あれ雲でしょ⁉︎と思いながら、シャッターを押すと、カメラに映るのは確かに緑のカーテン。
でも、肉眼で見ると白い雲。

イ、イメージと違うね…でも、一応オーロラ観れたね。と、母としばらくオーロラ鑑賞。
でも、−35度の外に何十分もいれないので暖かい氷のホテルに戻り(笑)再びイモムシとなりました…。

翌朝、またもや同じお兄さんのモーニングコールで起床(名前は違えど内容は一緒(笑))。
飛行機が朝の便だった為、朝食はサンドイッチなどを用意してくれていたのですが、ちょうど朝食会場が開いていたので、ビュッフェも食べれました♪
朝からケーキが置いてあったのにはビックリ。ロヴァニエミ空港まで送ってもらい、ヘルシンキで乗り換え、マドリッドに。その後、バスでソリアに戻って来ました!


ヘルシンキ空港で食べたトナカイバーガー。牛肉に似ていますが、牛肉より脂身の少ない
お肉でした。

行きたい所だけをギュギュッと詰めたフィンランド。滅多に経験できない、肌で感じるマイナスの氷の世界もオーロラもサンタさんも、想像以上に楽しかった‼︎
これにて長かった冬休みの旅行記終わりです!
あー、長かった!もう5月だし(;^_^A
長々お付き合いくださりありがとうございました♡


以下、フィンランドに行った後のタクトの日記です!

フィンランドでサンタ村に行きました。
氷のすべりだいでいっぱいあそび 氷のホテルでごはんをたべました。
氷のホテルときたら 氷のしろもいきたいです。
こういうふうにねました。
①氷 ②マット ③毛(トナカイの)④2まいのねぶくろ 
きもちよくねれました。
氷のへやがか(ん)どうするほどきれいでした。
タクト

★お知らせ★
実はスペイン滞在も明々後日の金曜日までなんです!早いですねー!
6月はヨーロッパを1ヶ月旅行し、7&8月は中南米を旅行します。
8月末には日本に帰るので、ブログの更新はおそらく9月以降になると思います。
日本でゆっくりスペインのことや旅行のことを書いていこうと思うので、またのぞきに来て下さいね♪
旅の実況中継はfacebookで行います!
ではでは、お付き合いくださりありがとうございました!
すぺいん留学 | コメント(1) | トラックバック(0)
ヨルダンのリゾート・死海から一転、極寒のフィンランドへ!気温差50℃(笑)
この旅は世界一周チケットで回っている為、普段行けない&行ってみたいところを選んだらこんな事になってしまいました…( ̄▽ ̄)

フィンランドの目的は、サンタさんに会う事と、氷のホテルに泊まる事♪なので、ドイツのベルリンとフィンランドの首都のヘルシンキで乗り換えて、北極圏のロヴァニエミまでやってきました!
ロヴァニエミはサンタさんのオフィシャル空港♪

ここは北極圏の入り口。北極線上にありますよー。

到着が夜だった為、予約してあったアパートタイプの宿に直行。
流石、デザイン王国。アパートのインテリアがめっちゃ可愛かった♡(空港においてある椅子やオブジェも素敵だった!)しかし、北欧価格。安いところ選んだけど、それでもやっぱり高かった…(エジプト&ヨルダンとの価格差もあるけど…)
アパートの側にスーパーがあったので、夜の11時頃だったけど1人でお買い物。
街の電光掲示板は−17℃。肌を刺す空気が冷たすぎて痛い。
鼻から出す息の水蒸気が、鼻の中で氷になるのが分かるくらい寒い…(分かりにくい表現?笑)
こんなに寒いのに歩いてる人もちらほらいる。
モールの前には自転車も20~30台くらい停まってる。(道が凍ってるんですが、自転車で移動するのか…すごいな…)
バーもそこそこ混雑してるし、スーパーにも若者がちらほら。
寒くても、結構皆さんアクティブなんですなぁ。

こんなに寒いので、ちょっと飲んで暖まろう!と思いお酒を買いに来たのに、
あれれ?スーパーのお酒コーナーだけシャッターが閉まってる~‼︎(T ^ T)
なんでも、フィンランドは法律で21時以降お酒は買えないのだそう。カップヌードルと朝ごはんだけ買って戻りました…

暗いけど翌朝9時ごろかな。一つしか買わなかったカップラーメンは争奪戦でした…
ようやく明るくなった翌朝10時頃にチェックアウトして、タクシーでサンタ村へ‼︎
ここではフィンランド政府公認サンタさんに会えたり、サンタ村のスタンプが付いたクリスマスカードを送れたり(すぐに届くポストと、次のクリスマスに届くポストへの投函が選べる♪)マリメッコやイッタラのアウトレットがあったり、となかなか楽しいところなのです♡
北極線跨いでまーす。

トナカイさん♪
サンタさんに会うのもディズニーのアトラクションのようで、まず、クロークで荷物を預けます。
サンタさんの部屋までの道も凝ってますなぁ。
サンタさんに会う前に綺麗なお姉さんからお人形やお菓子などの画面を見せられ、この中から何か買いますか?と、聞かれました。
え、なんで?(・・?)と、ぽかーんとしていたら、サンタさんにプレゼントする為、沢山の方が買うんだそうデス。どっちかって言うと、サンタさんからもらいたい側なんですけどね(笑)
サンタさんには待つ事なくすぐに会えました。
部屋の中には世界中からのお菓子やお人形がある一画に置いてあり、サンタさんの部屋に入ると、子供達はサンタさんそっちのけで、そのお菓子に釘付けに…
「えー、日本のお菓子があるよ~!」「なんでここに~⁉︎」「ママー、見てこれ~!」
…イヤイヤ、サンタさんとお話ししようよ…💦この為に来たんだし💦
サンタさんもこんにちは、と日本語で挨拶してくれました♪
皆んなでサンタさんと写真を撮り、お別れ。出口を出たら、どのパックを買うか選びます。写真1枚か、部屋で一部始終録画されたビデオと写真データを買うか…折角なので、データで購入。お菓子の下りもバッチリ録画されてました(;^_^A

世界中から届くサンタさん宛のクリスマスカード!国ごとに仕分けされています。
日本の子供達からたーくさん届いてました!

沢山あるクリスマスカードから好きなものを購入。

子供達は日本のクラス宛にクリスマスカードを書いたり、今度のクリスマスに届く自分宛に書いたり…

外の雪山が氷のようにカチコチになっていて、自然の滑り台になっているので寒さも忘れて、長いこと遊んでいました(もちろん子供だけ…)

私はその間アウトレットで物色。…と言っても、日本で買うのとそんなに変わらないお値段でした(;^_^A

朝8時はまだ夜中の様に暗く、10時頃に明るくなり始めたのに、午後2時頃には夕方の暗さになり4時には真っ暗になっていました。日照時間短っ‼︎
というのも北極圏では真冬の冬至には太陽は昇らず、夏至には太陽が沈まない白夜だからなんだそうです。びっくりー!

サンタ村を大人も子供も満喫した真っ暗な4時半頃、ホテルの送迎バスがサンタ村に到着。街のホテルでもお客さんをピックアップして、その日の宿泊先、憧れの氷のホテルに向かいました!
 【フィンランド編②に続く】
すぺいん留学 | コメント(0) | トラックバック(0)

ヨルダン編③死海

2016/04/21 Thu 21:43

人が本を読みながら湖に浮いている写真を、昔教科書で見たことありますよね…。
そう、あの死海はヨルダンとイスラエルの国境沿いにあります。
その死海に入るには、アンマンから西へ車で片道1時間の所にある死海の市営ビーチに行くか、死海沿いにある高級ホテルのデイユースか宿泊しかありません


私が事前に宿探しをする時今良く使うのは、Booking.Comや、安宿探しなら Hostel World、
日本の自宅も貸し出していますが、今話題の民泊Airbnbのサイトなどです。
その中でもBooking.Comは直前になると割引率が高いんです。
スイス発のリゾートホテル、五つ星モーベンピックホテルが直前割引で安かったので、アンマンでエイっと予約しちゃいました~!
お正月だしね!関係無いケド(≧∇≦)
ただ、アンマンは0℃と雪もちらつく程寒いのに、車でたった1時間の死海に行った所で泳げるのか…無理だろうなぁ…(-。-;
でも、予約はしたのでとりあえず死海に向かいます!

バスターミナルまで行き、死海のモーベンピックに行きたい!と言うと、ヨルダン人がわらわら集まってくれて、あのバスでも無い、このバスでも無い、とお世話してくれました。
親切なヨルダン人の皆さんありがとう♡バスが満車になると出発。

見事に男性ばかり。女性はあまり出かけないんでしょうね~。
特にバス停があるわけではなく、モーベンピックの前で降ろしてくれました。
あらら?暖かい!ここは海抜−400メートル。なので、例えアンマンで雪が降ろうが、死海はリゾートなのでした!ビックリ!
さすが五つ星。セキュリティもしっかり。なんとパンなどの食べ物も持ち込みNGでした…(コッソリOKしてくれたけど…)お昼前に到着したけど、チェックインさせてもらえました。
素敵な部屋に感動し、子供達は外にいる猫ちゃんたちを追いかけて勝手にお散歩。
その後水着に着替え、いざ死海へ!

泳ぐにはちょっと寒い気温ですが…ここは世界一海抜の低い-420m!!!

おぉ~、これが死海かぁ!波打ち際には塩の結晶がいっぱい。

塩の石もゴロゴロあります。スタッフの人が拾ってくれたので、幾つかお持ち帰りしました♡
でも、強風の為、遊泳禁止…(T ^ T)う、浮けないのか…_| ̄|○
でも、浸かることは出来ました。
塩分濃度なんと30%‼︎濃すぎてが水がヌルヌルしてます。
目に入ると激痛。舐めるとしょっぱいを通り越して、辛い。
母と二人で壺に入った死海の泥を全身に塗りたくり綺麗になってきました!
多分なったハズ!どう⁉︎え、これじゃ分からない⁉︎(笑)
その頃死海に恐れをなして入らなかった子供達は飽き飽き。(せっかくなので、ちょっとだけ浸かりましたが。)と言うか、上のプールに入りたくてブーイング。
大人達は早々に泥をシャワーで流し、子供達と温水プールで遊びました。
私達の他にヨルダンファミリーが1組だけ。お正月、空いてるなぁ。
温水プールと言ってもそんなに水温は温かくはなく、夕方になってくると寒くなってきました…
部屋でお風呂につかり、夕陽を見に再び海岸まで。
アルジェリアから社員旅行で来たお兄さん達とおしゃべりしていたら、あっという間に夜に。
対岸に輝く光の国は、近いのに遠く感じるイスラエル。今回は情勢不安定の為行かなかったけれど(本当は行くつもりだった…)、いつか安心して行ける様になると良いな…。
夕ご飯はホテルビュッフェ。

流石に美味しゅうございました。

子供達から、泊まるのは安宿じゃなくて、毎日こうだったら良いのに!とクレーム。
そんな事してたら破産しますがな。

あー、でも、のんびりお正月気分を味わえました♡

翌朝タクシーでアンマンの空港へ。
ホテル手配の車はめちゃくちゃ高かったので、前日にホテル前にいた客待ちのタクシーのお兄ちゃんに翌朝7時に来てもらえる様お願いしときました。ホテル価格の1/4以下で行けました☆(ホテルは直前割引で安かったけど、夕飯代も同じくらいかかりました💦)

ヨルダン、物価がそうとう高くて驚いたけれど、(基本豆料理だけど)、人々は優しいし、意外にも観光しやすい国でした♪
すぺいん留学 | コメント(0) | トラックバック(0)

ヨルダン編②アンマン

2016/04/21 Thu 20:53

2016年になりました!

母がこの時の為だけに日本からずっと持っていたクラッカーで新年のお祝い!
何故に!日本でもしたこと無いのに(笑)

朝食会場には私たちの他に日本人のお兄ちゃんが。
明けましておめでとうございます、と挨拶をしましたが、お正月感全く無ーし!(笑)
クリスマスもエジプトだったので、クリスマスも感じられませんでしたが…

首都アンマンへの大型バスは夕方発1便しかなかったので、地元のバス停まで行きました。
しかしこの日はお正月休み…ではなく、イスラム教の祝日に当たる金曜日だったため、バスは運休。
先程挨拶をしたお兄ちゃんもバス停付近にいたので、どうしようかね~とのんびりおしゃべりしていたら、何人もやって来る車(白タク)に乗っているヨルダン人。
ペトラにいるヨルダン人は観光客相手の商売をしている人が多いので、 皆さん結構強気。
もうすぐ雪も降るので、アンマンへは通行止になるよ!と脅してきます。
いざとなれば夕方のバスもあるしそんなに急いでなかったので、のんびりかわしていたら大型バス料金とさほど変わらない料金、1人10JDでアンマンへ行ってくれるとのこと。

車中食べるようにパン屋さんでパンを買い、お兄ちゃんと子供達は車中ナゾナゾ大会をしながら4時間かかってアンマンへ到着しました!
遮る物が何もないため、荒野のあちこちに虹が見えました。
fc2blog_20160421204613e54.jpg
アンマンはみぞれ混じりの雨…名前はほかほか暖かそうなのに(笑)さ、寒いっ(>_<)
安宿の多そうな所で降ろしてもらい、お兄ちゃんとお別れしました。
母と子供達は屋根のある所で待っていてもらい、私は雨の中走ってあちこち宿探し。数件探し回りましたが、タクシーを降りた所に綺麗な安いホテルがありました…。灯台下暗し。
皆んな震えていたので、暖かいシャワーを浴び、部屋で暖を取りのんびり。
みぞれ雨の中、夕飯に行くのも…ってことで、母と二人でお兄ちゃんオススメのチキン丸焼きを調達して部屋で夕食に。

翌日は雨も上がったのでアンマン散策!

スーパーはいたって普通。アルコール発見!と思ったらすべてノンアルでした…

スーパーでお買い物したり、食べ歩きしたり。

豆コロッケいりパニーニ。

観光地ペトラは別として、アンマンでは歩いていても、エジプトの様にお金目当てに話しかけてくる人はいません。道を尋ねるのにこちらから話しかけても、皆さん結構シャイ。感覚的には日本人に似ている印象でした。
お隣の国でもこんなに違うのかとビックリ!歩きやすーい♪

夕ご飯はヨルダン料理の老舗で。

豆コロッケ、豆ペースト、豆の煮込み…ほぼ豆料理!!!

豆料理が得意でない子供達には不評でした…。

お会計の時一緒だった、イスラエルから観光に来たお兄ちゃん2人、次のスィーツ屋さんまで一緒に行きました(^o^)

このスィーツ、焼いたモッツァレラチーズのようなチーズに、甘~いシロップをた~っぷり染み込ませたモノ。とても1人ではたべきれない甘さ…

でも、お店はほぼ男性客の長蛇の列。こちらの男性は甘い物好きなのかな。
帰りに寄ったフルーツ屋のおじちゃんをパチリ。

のんびりアンマン散策をした元旦でした♪
すぺいん留学 | コメント(0) | トラックバック(0)

ヨルダン編①ペトラ遺跡

2016/04/14 Thu 21:25

カイロからバスで空港へ向かい、再びヨルダンの首都アンマンに戻ってきました。
前来たのが1週間前とは思えないほど遠い昔の様…エジプトの洗礼は濃かった...(笑)
アンマンに到着時刻は街に行っても、ペトラ行きのバスに間に合うか分からない時間。
アンマンの空港には認可制のタクシーしかいなく、値段も決まっていてボラれることも無いため、
空港から直接ペトラに向かうことにしました。
アンマン空港からペトラまで約3時間で130ヨルダンディナール(JD)、約2万円。
ヨルダンって物価高くてビックリ!

高速道は整っていて、ひたすらまっすぐな道を走っていく。
ぺトラでの宿は決まってない、と言うとタクシーの運ちゃんは遺跡から遠い安宿街の幾つかの宿を回ってくれました。
でも結局、汚かったりイマイチだったので、歩き方に載っているペトラ遺跡に近い唯一の安宿Sun Set Hotelに行ってもらいましたが、値段は先の宿と一緒でした。

宿の近くで夕飯を食べ、その日は週に3日やっているペトラ・バイ・ナイトの日だったので夜8時の集合時間に遺跡入り口に集合。
直前まで雨が降っていたので実施されるか来てみないとわからなかったのですが、雨も上がったので実施されるとのこと♪

実は翌日も本来は実施日だったのですが、大晦日だったためその日は実施されなかったのだそう。
雨だけどこの日に行ってみて良かった♪
あ、このペトラ・バイ・ナイトの主催は政府機関ではないので、子供料金必要でした。

ペトラ・バイ・ナイトとは、インディー・ジョーンズの最後の聖戦の舞台になった遺跡までキャンドル沿いの道を歩いて行き、その遺跡前で、無数のキャンドルと共に地元遊牧民ベドウィンの歌と演奏を聴くというイベント。

翌日、結局遺跡に行くんだから別に夜行かなくてもいいんじゃな~い?
と言う母の声は聞こえなかった事にして、
大して遺跡に興味の無い3人を引き連れて行ってきましたとも。

雨上がりだから、道はぬかるみ、靴もビチョビチョに…
それでも、昼間に見るのとは全然違うペトラ遺跡のもう一つの景色を堪能できました。私は。
宿に戻って、部屋の中と外のヒーターに濡れてしまった皆んなの靴を一つずつ置き(この辺オバタリアンw)乾かしながらこの日は就寝。

翌朝、この旅初の朝食ビュッフェ!

ヨーグルトのようなチーズや、ヤギのチーズ、豆のペーストなど。
朝ごはんをガッツリ頂き、ペトラ遺跡に向かいました!

な、なんと、この遺跡の入場料、子供は無料でしたが、大人1人1万円近くもしました!
(1日券50JD 2日券55JD 3日券60JD。2015年12月レートで1JD=約170円。)
未だかつて、こんなにお高い遺跡があっただろうか…。ディズニーより高い…(*_*)
でも、この遺跡の為にヨルダンに来たんだし、結局払うんですけどねー。
せっかくだし、値段もそんなに変わらないから2日券にする?と母に聞いてみたら、同じ所に2日も行かないわよ、との御回答。そうですよね…。

しかし、この遺跡は広かった!10時から5時まで結構な距離を歩きました~!
すぐに疲れた~、もう歩けない~と言う息子も、途中で知り合った日本人のお兄ちゃんにマシンガントークを浴びせながら歩いてくれましたw(日本人の人がいると、日本語話せる事が嬉しいみたいで…)ユーヤ君付き合ってくれて、ありがとう~!助かりましたm(_ _)m
昨夜も来たけど、夜は真っ暗でキャンドルで照らされた遺跡以外ほとんど見えなかった周りの景色が、この日は見えます。

道の脇には昔使われていた水路があります。こんな工夫もされていたんですねー。

さぁ、ここを抜けるとあの聖杯が…
1人でインディー・ジョーンズのテーマ曲を口ずさみながら進みます。
ターララッラ~タララ~♪

残念ながら中には入れないので、聖杯はゲットできず…
ここ、インディー・ジョーンズの遺跡だけかと思っていたら、まだまだ奥にも見所が沢山あるんです。

遺跡の所々に遊牧民のお土産屋さんも。この遺跡内で暮らしているのかしらん…
遺跡が駐車場になってる…∑(゚Д゚)

ローマ時代の遺跡。円形劇場完備。

いくつもの王の墓。その前で石を売る少年。
色々見ながら奥の神殿まで到着。


頂上からは広大な景色が広がります。(が、カメラで写せないことが残念…)
きちんとした道がないところも…(汗)

同じ道を通って帰ってきました。

お兄ちゃんと一緒に夕ご飯食べたいっ!と子供たちが言うので、近くのお店でヨルダン料理。
その後ホテルが別なのでお別れし、母と子ど達も宿へ。
私はペトラ・キッチンと言うレストランでのヨルダン料理教室に、ウキウキと1人で参加してきました♡

世界各国からの観光客約40人位の中に日本人新婚さんもいました。
ペトラ・バイ・ナイトに行こうと思っていたのに、やってなかった為料理教室に参加されたのだそう…
なんと、エジプトのルクソール神殿でちょっとお話しした、日本からのツアーに参加されていた方でした!世界は狭いっ!
因みに彼らのエジプトツアー客のお一人が、到着初日にギザのピラミッドでラクダに乗り、落馬、いや、落ラクダし、骨折しなんと初日に帰国されたそう。
か、可哀想…うーん、ラクダが立ち上がる時と座る時、かなり体が前後に揺さ振られるので、確かに危ないかも…落ラクダにはお気をつけ下さい。
骨折したらその後の生活はラクラクだー!では無いので…(…って、しつこいねw)

で、ヨルダン料理教室ですが、最初にその日作る料理のレクチャーを受けて、メニュー毎にグループに分かれて、皆んなひたすら野菜をカット。
途中で講師の人いわくイタリアンピザより美味しいヨルダンピザ(ここでイタリア人ブーイング(笑))を皆んなで作ったり、スープやお肉の仕上げを見て、最後に、野菜と調味料を合わせてサラダを完成。

これがヨルダンピザ。イメージと違うね。

幾つかのテーブルに分かれて夕食となりました!
1人で参加していたのは私だけでしたが、日本人新婚さんのお隣の席で楽しい時間を過ごせました♪
ここ子供も参加可能ですが、参加料も1人35JD7千円と結構なお値段で子供も同料金だそうです。

2015年はペトラ遺跡とヨルダン料理教室で素敵な年納め。
この日は1日中歩いたため、年越しはみんなグッスリ夢の中でした~!
【ヨルダン編②に続く】
きょうしつ 案内 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »